2009年12月31日

天皇会見問題 冷静な論議が必要だ

 天皇陛下と習近平・中国国家副主席の会見が通常のルールに沿わない形で行われたことが、天皇の政治利用かどうかで波紋を広げている。

 会見日程を無理に押し込んだ首相官邸とそれを批判した宮内庁側との対立が野党も巻き込んだ論争に発展した。事は象徴天皇制のもとでの皇室外交にかかわる問題だ。冷静に今後の皇室外交のあり方を論議する契機にすべきだ。

 発端は、天皇陛下と外国要人の会見に1カ月以上前の申請を求めているルールを外して会見が設定されたことだ。羽毛田信吾同庁長官が「二度とあってほしくない」と批判し、民主党の小沢一郎幹事長が「反対なら辞表を提出した後に言うべきだ」と応酬したことが騒動を広げた。

 小沢氏は会見で、天皇陛下と外国要人の会見は内閣の助言と承認が必要な国事行為であるとの認識も示した。憲法7条に列記された国事行為の中には「外国の大使及び公使を接受すること」との項目はあるが、外国要人との会見は明記されていない。宮内庁によると、これは「国事行為」には当たらず「公的行為」とされる。ただ、「公的行為」でも陛下の外国訪問などの場合は閣議決定が行われており、皇室外交と政治との関係にはあいまいな領域があるのが現実だ。

 今回の問題の背景には、陛下と外国要人との会見の意味が国際親善にあるという本来の目的をそっちのけにした当事者間の感情的なぶつかり合いがある。

 陛下と外国要人との会見は年に100回以上にのぼるという。羽毛田長官が陛下の多忙ぶりと健康に配意しルールを守ろうとしたのは職務上理解できる。だが、習副主席の訪日直前に平野博文官房長官との電話のやりとりを詳細に明らかにし、「親善」に水をかける結果を招いたことには疑問が残る。

 それ以上に違和感を覚えるのは小沢氏の発言である。「ルールを無視していいと言っているのではない」とは言うものの、発言全体を聞けば「役人の言うことにはいっさい耳を貸さない」というふうに聞こえる。高飛車な姿勢と「政治主導」とは別物であることを認識してほしい。

 「陛下に聞けば『会いましょう』とおっしゃると思う」との発言も軽率だ。陛下の意思を都合のいいように忖度(そんたく)したと受け取られかねないような発言は慎むべきだ。

 鳩山政権は自民党政権時代につくられた「政と官」のルールの見直しに取り組もうとしている。今回問題になった「1カ月ルール」についても、見直すべき点があるのかどうかも含め新政権の手で検討する必要があるだろう。
posted by hiro at 12:04| 大手新聞社説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。